And you, Brutus!

ブルータスおまえもか、的な?
その実ただの、テニスが好きな王子様が好きな女子の妄想を綴った日記モドキ
※プラモ、フィギアの写真が多々あるため、苦手な方はご注意ください
出張版(http://andyoubrutus.tuna.be/)
☆ただいまミルメークに夢中です(http://andyou-brutus.jugem.jp/?eid=1105)

2013.09.29 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.07.14 Thursday

読書の夏

足をですね、とぅるんっとぅるんっにしたいって記事を、しばらく前の写メ日記にあげました。
あれ酸のシートが入っていて、しばらく浸かっていると、足の皮がべろんべろんになるって美容グッズなんです。
ところが翌朝になっても、翌日が終わっても、私の足の裏には古い皮がしつこくくっついていて、なんでー!?と思っていたら、3日目くらいでえらいこっちゃな事態です。
怖いわー。酸のパワーが怖い。
しかしあれから2週間経ったいま、足は汚くなってきているくせ、ちょいちょい皮もむけます。
これ、どのタイミングで終了とすればいいのかな?
疑問です。


近ごろは、久々に本を読もう!と、かねてよりファンだった貴志祐介さんの著作制覇に挑んでいます。ただし文庫限定で。
ハードカバーは高いし重いから、休みになったら図書館に行こう。休みあるのか知らないけど。
夏になったら本を読みたくなるのは、たぶん幼いころ6年連続で課されて、感想文まで書かされていたせいだと思うんです。

ひとまず評判の高い『硝子のハンマー』から。
この方のミステリーは、『青の炎』以来かしら?
探偵役の、天然クソまじめ女弁護士と、天才腹黒こそ泥のコンビがおもしろくて、サクサク読めました。
「これか?!」ってトリックがしょっちゅう出てくるのに、ページが半分残っていたり、溜めが長いお話です。
肝心の答えにはノーコメント。「はー!」ってなるよとだけ。
このコンビの続編があるらしいので、読みたいな。

それから賞を取った作品『新世界より』
私の大好物エスパーもの、SF小説ですが、中身は血みどろサスペンスです。
でも止まらない!
思い入れのあるキャラクターから、どーでもいいモブまで、バッタバタひとが死んでいくもんですから、折れそうにもなりますが、しかしおもしろくて止まらない!
テーマはエスパーものとしてはオーソドックスな、「持つ者vs持たざる者」ではありますが、最後の最後に知らされる衝撃の事実に打ちのめされます。
スリルのみならず、貴志さんの本を読むたびに感じる「隣人の怖さ」にぞくぞくしました。結局、人間がいちばん恐ろしいんだよ。
足先から背筋を駆け抜けてく、あの感覚がたまりません。夏向き!

これから『クリムゾンの迷宮』読むよ。
これタイトル、クリムゾンキングっぽくて、プログレ好きはドキッとしますね。
の、前に浮気して『The MANZAI』読破しました。
なんてオチだ! 最後まで歩くんがかわいくて、ただただ癒されました。
いくら積んだらロミジュリライブは観られるのかしら?

2013.09.29 Sunday

スポンサーサイト

Comment

top▲

Form





top▲